ただ麺が食べたいだけなんだ

つけ麺を愛する男の各メニュー感想

東京都_世田谷区

ひむか屋@千歳船橋のラーメン

ひむか屋@千歳船橋のラーメン D。 スープに独特の豚臭み。香ばしいとも、臭いとも取れる微妙さ。背脂が浮く豚骨スープなのに、味はアッサリしすぎてるぐらい主張がない。細モヤシ。丸スト麺。チャーは漬けた酒の香り。微妙。

BASSANOVA@新代田の豚濁和出汁ラーメン

BASSANOVA@新代田の豚濁和出汁ラーメン C+。 博多豚骨+醤油+魚介。よくある組み合わせと思うなかれ、魚貝たっぷりエキスと豚骨がガッチリつまった凝縮スープと博多麺!スープが変わったのか以前より美味しいと感じた。

BASSANOVA@新代田のトムヤムつけソバ

BASSANOVA@新代田のトムヤムつけソバ C-。 グリーンカレー同様、本格的なトムヤムクンスープ。肉類はなく、麺上には揚げ餃子。スッパカラい、という感じ。本当にトムヤムが好きな人には良い。 BASSANOVAさんのチャレンジスピリッツは好き。しかもグリーンカ…

BASSANOVA@新代田のグリーンカレーつけソバ

BASSANOVA@新代田のグリーンカレーつけソバ B。 ココナッツミルクの甘さと独特の辛さがあいまって、とても独特で新鮮なつけ汁がいい!平打ち細縮れ麺ブツブツ食感。 グリーンカレーは前にライスで食べた時、妙に違和感があって苦手としてたんだけど、今日わ…

勝や@梅ヶ丘の半々

勝や@梅ヶ丘の半々 C+。 永福町大勝軒で修行した店主。常連御用達メニュー「麺半分」「ワンタン半分」。ちぢれ麺ヤワめ。スープの味は、永福町より醤油弱め、アツアツではない。ただ、ここの方が魚介のエッジがビシッと決まってて好き。 雨の夜。店内の客は…

スタミナタンメン五郎ちゃん@下北沢のスタミナタンメン

スタミナタンメン五郎ちゃん@下北沢のスタミナタンメン C+。 なんつッ亭グループ。野菜たっぷり、豚バラ肉たっぷりを、甘辛醤油で。生卵は無料付属。麺量225g。すべてが量たっぷりだが、880円はチト悩む。プチ二郎的な戦いは必須。 店頭に「スタミナタンメン…

アイバンラーメンPLUS@経堂の塩ラーメン

アイバンラーメンPLUS@経堂の塩ラーメン C-。 あっさり塩。食べた途端に、ぐわっと和風な香り、これはこれで新感覚な塩。全粒粉麺も良い味出してる。 アイバンラーメンPLUSは開店当初にあった「四種のチーズまぜ麺」も「野菜豆乳つけ麺」もやめて、シンプル…

アイバンラーメンPLUS@経堂の二代目あごだしラーメン C。

アイバンラーメンPLUS@経堂の二代目あごだしラーメン C。 あごを使ったダシがベースに、薄目の醤油と全粒粉のブツブツ細麺ですする。シンプルだけど、あごのおかげで味が支えられ、癒やし食としながらも、そこそこエッジがある。 全メニュー制覇しました。あ…

アイバンラーメンPLUS@経堂のつけ麺

アイバンラーメンPLUS@経堂のつけ麺 B。 真っ黒い醤油汁は、見た目と裏腹に、キリッとして、奥底に甘味もある良い汁。平打ち全粒粉麺カタメともよく合う。全体的なバランスはとても良い。なせ券売機で下の方に隠れているのかが謎な品。 トマト飯。 ライスの…

アイバンラーメンPLUS@経堂の醤油ラーメン

アイバンラーメンPLUS@経堂の醤油ラーメン C。 ちょっと酸味のある醤油で、アイバンさんのちょっと違う個性が「ラーメン」とは異なる創作麺を感じる。全粒粉麺。今まで書かなかったが、分厚い肉は、ちゃんと油ぬき済。丁寧さは評価大。 つけ合わせ。焼きチー…

季織亭@経堂の特製つけ(醤油)

季織亭@経堂の特製つけ(醤油) C+。 小麦を練り込んだ麺は、蕎麦の様な見た目で立派な中華麺、モッチモチ。汁は油分多めな醤油で、鴨そばみたいな感じ。汁内に、熱く茹でたナス。具は少ないが、とろける味玉、トロあぶりチャーと厳選してる。 やっぱりラー…

ささりんどう@経堂の鶏ポタ塩つけめん

ささりんどう@経堂の鶏ポタ塩つけめん D。 名前の通り、ポタージュが汁になった感じだが、シャバすぎる。レンコン麺は、ブチブチ食感で悪くない。味がしない汁。全部台無し。卓上カレー粉で大分ましになった。カレー粉のおかげでうまい。

蓮嘉@梅ヶ丘のつけ麺

蓮嘉@梅ヶ丘のつけ麺 C。 鶏白湯魚介Wスープ。無化調。色は濃く、ショッパメ、サラリとした感じ。中太ストレート麺、カタメ。この麺は、あまり汁と絡まない。最初は違和感があるが、ジワジワ味がわかってくる。汁内、鶏チャー。まぁアリかな。 一見さんには…

らーめん英@経堂のらーめん

らーめん英@経堂のらーめん C。 臭みのない豚骨の老舗。トロみもあり、決して薄い感じではない。スルッと食べられる感じは流石。豚骨が苦手だという人にこそ食べてみて欲しい。 替玉で「極細麺」というのをはじめたみたいです。いつもの細麺より、さらに細く…

アイバンラーメンPLUS@経堂のチーズまぜ麺

アイバンラーメンPLUS@経堂のチーズまぜ麺 C。 名前の通り。ほんと名前の通り。チーズが濃厚。麺は平打ち、ちょいきし麺的、全粒粉。なんだかラーメン的なものではなく、チーズ系パスタを食べているみたい。

アイバンラーメンPLUS@経堂のニンニク醤油あぶら麺

アイバンラーメンPLUS@経堂のニンニク醤油あぶら麺 C。 名前の通り。写真は全部入り。このニンニク醤油で二郎のことを思い出すが、似てない。野菜はニンジンのカタさが新鮮。あとモヤシ。太麺は、そこまで太くない。概ね予想通りの味。 アイバンラーメンは割…

武道家 龍@成城学園前ののり玉らーめん

武道家 龍@成城学園前ののり玉らーめん C+。 家系。味注文は、固・濃・多。醤油が前だけど、豚骨も負けてない濃厚さで、鶏油が霞む(笑) 酒井の太麺。味玉は半トロ。ノリは10枚。ライスはランチ無料、食べ放題。わかってる店。 武道家 龍のすごいところは、ラ…

青森煮干し中華そば ごうかく@経堂のつけ麺

青森煮干し中華そば ごうかく@経堂のつけ麺 D。 鶏ダシの醤油。平打ち麺細め、冷えた昆布ダシに浸かってるが、薄くてあまり味がない。バカ舌? 塩のみで食べる初食ルールは面白い。汁内にあるチャーはホロホロで素敵。思ったより量がある。 やっぱり素直に中…

長浜らーめん@八幡山のつけ麺(醤油)

長浜らーめん@八幡山のつけ麺(醤油) D。 カエシが多くなり、豚骨スープが少なく、配合未調整な残念な品。具は麺上にあり、かなり充実するもラーメンに100円加算して食べる価値なし。なおラーメン流用で替玉可。やはりラーメン替玉か。 衝撃の出来事。15時ぐ…

辰屋@松陰神社前の辰つけ麺

辰屋@松陰神社前の辰つけ麺 C-。 J系。店は汚い。写真は、ニンニクカラメ。甘味のある非乳化醤油スッキリ。汁上のカツオブシが良いエッジ。三河屋製麺の太麺。野菜キャベツ率高め○。豚は歯ごたえサクサクが2個。半味玉つき。

満来@豪徳寺のラーメン

満来@豪徳寺のラーメン D。 老夫婦の営む、普通のラーメン。新宿の満来とは特に関係ない。汁もダシがイマイチ弱く、肉もノリもメンマも小さい。でも文句は出てこない。なぜなら豪徳寺という街の優しい雰囲気と、250円という値段。

りらくしん@豪徳寺のつけ麺

りらくしん@豪徳寺のつけ麺 C+ランク。 J系。写真はスープこってり、全部マシ。別注で小豚増し。スープは甘辛ビビッド、牛角の焼き肉ダレより少し辛い。平打ち麺。野菜ほぼモヤシ、シャキシャキ。豚、独特の味の染みでアタリ!

ふくもり@駒沢大学のつけぶと

ふくもり@駒沢大学のつけぶと Cランク。 味玉別注。駅遠。せたが屋グループ。せたが屋のつけ麺スープに、煮干をブーストした感じ。しっかり極太麺の歯応え。煮干感は強く、少々エグ味すらあるが、そこが味。座敷がある程、店は広く、のほほん。 ふくもりの補…

稲荷@祖師ヶ谷大蔵のつけ麺

稲荷@祖師ヶ谷大蔵のつけ麺 Eランク。 写真は小盛り。小でも400gと盛りの概念が二郎並。自家製麺はカタメだが○。だがスープが甘い!煮詰めたら、みたらし団子用にもなるのでは?という程、異常な甘さ。値段も1000円と高い。理解不能。

ラーメン二郎@上野毛のつけ麺

ラーメン二郎@上野毛のつけ麺 Cランク。 写真はアブラ以外。非乳化のキレの良いカネシ。二郎内では比較的細めのちぢれ麺、歯ごたえはプニュプニュ。野菜はクタクタ。豚は二郎標準。これといって特色はないが、二郎としては不満もなかった。

昇輝丸@経堂のつけ麺

昇輝丸@経堂のつけ麺 Cランク。 清勝丸(110422訪問)が店名を変えてリニューアル。豚骨魚介シャバめ。つけ汁の地は悪くないが、少しぬるい。さらに麺に絡まないので薄く感じる。この店に来ると、いつも「おしいな」という感想。 清勝丸@経堂の濃厚味噌つけ…

麺屋 狢~むじな~@八幡山の豚つけ麺

麺屋 狢~むじな~@八幡山の豚つけ麺 Cランク。 駅降りて、すぐ高架下。竹を割った様な、味自体はよくあるタイプの濃厚豚骨魚介。ややシャバ系で、油分が多めの為、最初は美味しいと感じるが、後半きつくなる感じ。ストレート太麺。

ラーメン二郎@環七新代田のチャーシュー麺

ラーメン二郎@環七新代田のチャーシュー麺 Eランク。 写真はカラメ。非乳化スッキリを超えて、醤油だけなスープ。基本薄目、二郎的な濁りなし。麺は丸太ストレート。豚は脂身なく味も染みてない。単なる醤油ラーメン。完全に、合わなかった。

はら匠@経堂のHSP辛味噌つけ麺

はら匠@経堂のHSP辛味噌つけ麺 Cランク。 期間限定。丁寧に作った豚骨に、辛味噌を加えたスープ。辛さは控えめ。麺は平打ちで、味はないがチュル感。具が貧相。味は悪くないが、全体的に少なすぎ。これで1000円超は切ない。

山手らーめん@駒場東大前のゆきラーメン

山手らーめん@駒場東大前のゆきラーメン Dランク。 東大裏の東大OBが営む、東大生に愛される店。豚の背脂が、雪のようにスープに散る。麺は細麺、アルデンテのパスタみたいで美味しいが、汁に特徴がなく残念な杯。昼限定のつけ麺も試したい。

三ツ矢堂製麺@下北沢のマル得つけ麺

三ツ矢堂製麺@下北沢のマル得つけ麺 Dランク。 お菓子用の小麦粉を使った太麺が売りのつけ麺店。モチモチ感のある強い太麺の個性に、スープが残念すぎ。豚骨醤油。浮いた油で味ボヤけ、汁底と味が分離。酸味と甘味、どちらも今ひとつ。

清勝丸@経堂の濃厚味噌つけ麺 

清勝丸@経堂の濃厚味噌つけ麺 C+ランク。駅近。名前通り濃厚。微かにしょっぱい。写真は極太ちぢれ麺。中太麺と選択可。野菜はモヤシ、ネギたっぷり。基本的には濃厚味噌好きを裏切ってない。花田@池袋に匹敵するほど。隠れた良麺である。

勢得@千歳船橋の得勢つけ麺

勢得@千歳船橋の得勢つけ麺 Bランク。豚骨煮干醤油で味付け甘め、ほんのり海老油。自家製麺は中太ツルシコ。つけ汁減りやすく大盛は非推奨。広い厨房に店主ひとり。早い仕事で見飽きない。バランス高、隙なし。もっと評価されて欲しい。

アイバンラーメンPLUS@経堂の特製野菜豆乳つけ麺

アイバンラーメンPLUS@経堂の特製野菜豆乳つけ麺 Cランク。 豆乳と出汁、塩のスープは独創的。煮タマネギ、ニンジン甘く、角煮チャーはしっかり油抜き。中太麺。初回は不足感あったが、馴れると悪くない、自然で優しい味。デフォ麺少な目。

らぁめん英@経堂のつけ麺

らぁめん英@経堂のつけ麺 Dランク。 臭みのない博多豚骨が売りの人気店。つけ麺に関しては「ラーメンの汁を濃くして麺を別皿に移しただけ」の様。こんな雑は久しぶり。支店もいくつかある英だが、やはり替え玉狙いのラーメンを頼むべきだろう。

らーめん陸@上町の豚増しつけ麺

らーめん陸@上町の豚増しつけ麺 Bランク。 駅超遠。カネシ奥底に柑橘を忍ばせ、清涼さと乱暴さを両立させたJ系の成功進化例。野菜キャベツ多し。丁寧な豚。「J系は否ラーメン」という人は訪問するべき。おいしくて美しい二郎が、ここにある。

千里眼@駒場の豚ラーメン

千里眼@駒場の豚ラーメン Bランク。 東大の裏。写真は全部マシ。おいしい豚のあるJ系と言えば、ここ。タレが染み込み、脂身のある豚が、じわり胃に溶け込む。開化楼の極太ちぢれ麺、上質の豚、接客良。直系二郎よりも美味しいJ系の成功進化例のひとつ。

BASSANOVA@新代田の豚濁和出汁つけ汁ソバ

BASSANOVA@新代田の豚濁和出汁つけ汁ソバ Dランク。 ネオン輝く店外、小奇麗な店内。麺は中太、コシ強。真っ黒な汁=豚骨醤油の醤油が多め。複雑な味わいだが、堪能するには油分と酸味が強過ぎて邪魔。どうも合わなかった。残念。

やすべえ@下北沢の醤油つけ麺

やすべえ@下北沢の醤油つけ麺 C−ランク。 甘い醤油汁、中太麺、大盛まで同料金が特徴。魚粉、生タマネギ席上にあるのが良。個性度より万人への食べ易さを目指している様な資本。以前より醤油が弱まり、甘さが前に出てきたと思うのは気のせい?

やすべえ@下北沢の味噌つけ麺

やすべえ@下北沢の味噌つけ麺 Dランク。 基本は前回と同じ。甘辛味噌。チャーシューの代わりに挽き肉。味噌独特の重みはない。醤油に飽きた人用の選択肢として用意されただけな印象。辛味推奨。特製の水餃子は微妙。

一龍@下北沢の中華そば

- 一龍@下北沢の中華そば Dランク。 老舗。黄金のスープは、醤油と塩の中間の様な独特感。麺は昔ながらの細ちぢれ。600円。ややスープが面白いが、ファンが多い理由はどうにも解らなかった。