ただ麺が食べたいだけなんだ

つけ麺を愛する男の各メニュー感想

東京都_品川区

武術家@大井町の特製ラーメン

武術家@大井町の特製ラーメン C。 個人的家系トップ1である武道家系の大井町店。 味は本店譲り。劣化してない。 ただ若干マイルドだなって思った。こう、武道家特有の「ゴリゴリ」した攻撃性というか、龍(成城学園前)に至っては豚骨?のザラつきを舌に感…

東京いまむら@新馬場の雲呑麺

東京いまむら@新馬場の雲呑麺 D。 醤油、鶏・昆布主体のスープは基本薄めで、素材(具)が主役タイプ。細縮れ麺は生煮え疑惑なほどコナ感を出すのに対し、ワンタンは持っただけで崩れる。肉、半玉は薫製か独特の香り。強気の950円。 クセの強い店主さんと聞…

井田商店@荏原中延の特醤油ラーメン

井田商店@荏原中延の特醤油ラーメン C。 真っ黒な、見た目を裏切らない醤油の濃いスープ。重いけど、それなりにスッキリした飲み口。太縮れ麺が、それをしっかり受け止める。チャーは低温調理?そんな味わい。わりと醤油直球なイメージだった。 この味が世間…

肉汁らーめん 公(kimi)@新馬場のらーめん(中)豚一本

肉汁らーめん 公(kimi)@新馬場のらーめん(中)豚一本 C-。 J系。ニンニクアブラ味濃いめ。圧巻の豚が一本、入ったド級麺!!汁の濃さは、凛の醤油と直系の間ぐらい。自家製麺は品川二郎に似。豚は脂身の有無を選べた。1300円。 いや、ほんと、どっから食…

ラズンバ@大井町の塩ラーメン

ラズンバ@大井町の塩ラーメン C。 凛の店主が隣でやってる小さい店。油膜が張っててアツアツ!動物系スープに塩ダレを合わせた感じで、粗野な感じだけど、ヤワの自家製の細麺がスルッと柔らかく受け止める。豚はトロトロで美味しい。 調理できるスペースが一…

ajito ism@大井町のajitoのつけ麺

ajito ism@大井町のajitoのつけ麺 C+。 ロッソではないものの、これもトマトソースと魚介の汁。麺はヤワメ、細め、パスタっぽく。肉はジューシー、メンマなし。生タマネギの苦味○。こっちの方がバランス的に好きだな。 そういえばajito ism。移転前のリゾッ…

ajito ism@大井町のピザソバ

ajito ism@大井町のピザソバ C。 そのまんまピザのソースと具を使った、まぜそば。味も、そのままピザで、混ぜないとチーズが固まる。太麺もカタメで、ピザのパンみたいな食感。クレソンも本格的で、単なる模倣に終わってない本格派。 移転する前に、つけ麺…

青竹平打ち中華そば 麺壱吉兆@大井町のつけ汁そば

青竹平打ち中華そば 麺壱吉兆@大井町のつけ汁そば C。 イキの良い醤油がキッチリ効いた和風のつけ汁。ウリの青竹平打ち麺は、魚のお刺身のようにプルプルして、柔らかく、美しい麺。ただ短いので、つけ系には向いてないかもしれない。 ラーメンの方が売れて…

麺屋 藤しろ@目黒の濃厚鶏白湯つけ麺

麺屋 藤しろ@目黒の濃厚鶏白湯つけ麺 C。 ほん田出身。あまり濃厚さはなく、鶏っぽさもなく、意外とあっさりした鶏白湯。微酸味。つけ麺にしては細めストレート。可もなく不可もなく。味は違うが、きみはんを思い出した。

ボニート・ボニート@武蔵小山の正油おろしつけめん

ボニート・ボニート@武蔵小山の正油おろしつけめん C-。 カツオの荒削りを使った汁。黒い、見た目に反して、優しい味。シャバ目。無化調。麺はラーメンと同じ、縮れ麺ヤワ。汁内の具はなく、麺上ワカメが特徴かな。大根おろしが味を包む。 有名なお店ですが…

多賀野@荏原中延のRAMPOW

多賀野@荏原中延のRAMPOW Bランク。 火曜限定の創作つけ麺。しじみ&ホタテ&塩。麺をシャワーで冷やす。ほのかな甘味と塩が舌を弄ぶ。淡い味わいの汁でも細麺なので良くからむ。醤油が染みた豚も良いアクセント。考えられてる。見事。 私用で午前休。ついで…

山頭火@五反田の醤油つけ麺

山頭火@五反田の醤油つけ麺 C-ランク。 山頭火で塩ではなく、あえて醤油を頼む暴挙に。飲みやすい優しい醤油スープ。中太麺。梅干が面白い。スープ割ではなく、あたたかい烏龍茶で割って飲むのが山頭火流。意外と合うものだと勉強になった。

平太周 味庵@大崎広小路のつけ麺

平太周 味庵@大崎広小路のつけ麺 Dランク。 ギトギト背脂だが、あっさり味を売りにした環七ラーメンの店。確かにその通りだが、醤油が辛い。中細麺もラーメン流用だろう。典型的なラーメン専門店のつけ麺失敗作。久々に綺麗なハズレだった。

きみはん@五反田の特製つけめん

きみはん@五反田の特製つけめん C+ランク。 TETSU@西日暮里の2ndブランド。あっさりした煮干醤油のつけ汁。梅のタレを絡めた中麺、香り良し。汁の底には、細メンマ・ワンタン・挽き肉。かき混ぜ推奨。さっぱり食べられる良麺は貴重。

つけ麺大王@大崎の大王つけ麺

つけ麺大王@大崎の大王つけ麺 Dランク。 普通の醤油ラーメンを、汁と麺にわけただけのやっつけ仕事。中華料理屋のつけ麺らしさ。代々木大勝軒系とも言える。【大王】になると、あんかけ乗せ。デフォ麺少な過ぎ。これで850円は酷である。

つけそば麺彩房@五反田の味噌つけそば

つけそば麺彩房@五反田の味噌つけそば C+ランク。 基本は前回参照。期間限定。醤油の代わりに味噌とラー油の甘辛味噌。麺上は、単なる焼き海苔。やや安直な発想と、醤油のキレの良さの方が好みと思いつつ、これはこれで良い。 つけそば麺彩房@五反田の特製…

丸直@北品川の油そば

丸直@北品川の油そば Cランク。 汁は普通の醤油ベース。麺は前回参照。食材が豊富で最後まで飽きない。これ全部で650円。個人的にヒットはなかったが、麺メニューの種類とCPには感動すら覚える。素晴らしい駅前食堂。

丸直@北品川の辛つけ麺

丸直@北品川の辛つけ麺 Cランク。 基本は前回参照。唐辛子の粉が追加投入されたもの。汁の粘度は低めで、汁量が多い。さほど辛くない。個人的には通常が甘過ぎたので、こっちの方が好み。

丸直@北品川のつけ麺

丸直@北品川のつけ麺 Cランク。 古い駅前食堂の店主のラーメン好きがマニアから評価を得た店。ベジポタ魚介、甘めでサラリ。汁にタケノコが浮く独創性。通常ピロピロ麺。時間帯限定の極太麺変更推奨。750円、この具の多さ脅威。着丼が遅い。

せたが屋@品川の雲のらーめん

せたが屋@品川の雲のらーめん C+ランク。 この店つけ麺よりも良いメニュー。野菜をスリ潰し、ドロドロにしたスープは味は濃いが、意外にも軽い口あたり。炙りチャーなど役者も合い、新感覚。名前に偽りなし。これぞ「ふわふわ時間」。

ajito@大井町のつけ麺ロッソ

ajito@大井町のつけ麺ロッソ Cランク。 トマトつけ麺。駅から遠く、小さなバーの様な店内。麺上はパルメザンチーズ、バジルペースト。本格的すぎ故に、つけ麺というより、トマトソースのパスタに近い。なるほど。〆リゾット割可(有料)。

インフィニ@戸越公園の特製まぜそば

インフィニ@戸越公園の特製まぜそば C−ランク。 修行元「ジャンクガレッジ」。小さな店内サッカー色。写真の通り基本は継承だが、JGに感じた暴君的魔力がない。独自の牛骨出汁ほかアレンジに不満。味おとなしく似て非なる物。有料で飯割可。

ラーメン二郎@品川の小ブタ

ラーメン二郎@品川の小ブタ(ヤサイカラメ) Cランク。 通称シナジ。特徴は細ストレート麺。コシはないが食べ易い。量多い為、麺伸び対策の天地返し推奨。この日の豚は少し塩辛。ハズレ。店主、顔は怖いが意外と細かい注文に応えてくれる。

豚とこむぎ@五反田の小ラーメン

豚とこむぎ@五反田の小ラーメン Dランク。 J系ではなく「らーめん大」系。カウンターに醤油ボトルがある点は全く同じ。クタ野菜、パサ豚なども大のまま。ただ醤油すっきりで、より食べ易いのは良い。「大」から離れて欲しかった。

The Outsiders@大崎のぽん酢M

The Outsiders@大崎のぽん酢M Eランク。 二郎インスパイア。太麺ポキポキ。ぽん酢鍋風あっさり。野菜モヤシ8、キャベツ2。豚一個、塩強い。前店「凛」違い不明。量が多い割には浅い味付、後半苦行。拭き紙なし。店員の愛想×。

らーめん大@五反田の油そば

らーめん大@五反田の油そば Dランク。 有名な二郎インスパイア。卵黄と味玉が同居している節操のなさ、逆に壮観。味は、二郎より醤油さっぱり。野菜ほぼモヤシ、クタ気味。豚は堅く、二郎系としてはおおいに不満。いまいちピンと来ず、残念。

つけそば麺彩房@五反田の特製つけそば

つけそば麺彩房@五反田の特製つけそば Bランク。 流行りの豚骨魚介だが、麺とスープが喧嘩せず、調和してる。製麺所直営だから? 麺の喉ごし良、かつ大盛無料。「仕事帰りに食った麺が、なんか意外と旨かった」そんな店。唯一の弱点は具。