ただ麺が食べたいだけなんだ

つけ麺を愛する男の各メニュー感想

東京都_江東区

和風らーめん 金子@木場の和風らーめん

和風らーめん 金子@木場の和風らーめん D。 カツオ節がジワーンと響いてくる、油分少なく、醤油とスープのバランスの良い、家庭的で、本当に和風なラーメン。三河屋製麺もヤワめ。家で、母が作るような、そんな味。実際、家族3人で店やっていた。 木場っち…

ラーメン二郎@亀戸の汁なし

ラーメン二郎@亀戸の汁なし C。 生卵&タマネギキムチ別注。ニンニクアブラカラメ。店主は藤沢店主の弟。確かに藤沢の味だとすぐ思い出せる。独特の瑞々しさがある。前店主時代の感想は下記。 一口たべただけで藤沢を思い出したので、どんなんだっけ?と過去…

緑道@門前仲町のつけ麺(東北トッピング)

緑道@門前仲町のつけ麺(東北トッピング) C。 こうじグループ。スープの味、とろみ具合はライトな一燈といったところ。ザラザラしてない豚魚。心の味製麺の太麺250g。東北トッピングは、きりたんぽ等が入るが、あまり特徴を感じない。 そうか。大勝軒 誠が…

杏屋@東陽町の担々麺

杏屋@東陽町の担々麺 C。 昨日の鶏白湯スープをベースに、炒ったゴマスープを合体させたもの。麺も同じ。いやベースは旨いの知ってるけど、もう一工夫欲しかった。麺も同じだし。上の肉味噌も少ない。これで1000円近いのは残念。

杏屋@東陽町の味噌ラーメン

杏屋@東陽町の味噌ラーメン C。 鶏白湯スープをベースに合わせ味噌をブレンドしたもの。ヤサイはモヤシ。麺も同じ。うーん、やっぱり、もうちょっとひねるべき。 - つけ麺もいこうかと計画してたんですが、麺もラーメンと同じだと訊いたので、これは鶏白湯だ…

杏屋@東陽町の鶏白湯らーめん

杏屋@東陽町の鶏白湯らーめん C+。 駅から少し歩いたラーメン居酒屋。なのに、なかなかどうして本格的な鶏白湯醤油。微甘。業界的には、ややあっさり目だが、とてもバランスが良い。縮れ麺。チャーも旨い。隠れた良店!おすすめ! ですが、何気なく入ってみ…

八幡@門前仲町の支那そば

八幡@門前仲町の支那そば C。 浅学な自分は知らなかったが、ちばき屋@葛西という名店が修行元らしい。ノスタルジックな見た目の通りだが、魚介ダシがキッチリ効いてるのと、チャーが美味しい。昔ながらの飲み屋みたいな。門仲に合ってる。 以前も別の店でつ…

あかしや@東陽町のザルラーメン

あかしや@東陽町のザルラーメン C。ラーメンのヤワい麺と、冷やし中華セパレートのような酸味のある冷たい汁。まさにザルラーメンにふさわしい味。具はないが、これで400円! そして半チャーハンが200円!うまいです! https://

もんなか ○心厨房@門前仲町のみそつけめん

もんなか ○心厨房@門前仲町のみそつけめん C-。 塩豚骨の名店、東陽町からの支店。味噌。スープは本店より軽め? 汁内、具がタップリ○。麺は本店より細め、汁と絡んで良い。少しショッカラ。好きな店なので、また様子見たい。 前のエンジンは、○心厨房の味噌…

ひのとり@東陽町のあっさり鶏清湯塩らーめん

ひのとり@東陽町のあっさり鶏清湯塩らーめん D。 鶏白湯の濃厚を薄めて、塩で調整したんじゃないかという印象。雑すぎる感想だけど自分の舌では。

美学屋@東陽町の塩ラーメン

美学屋@東陽町の塩ラーメン C-。 閉店前日。柔らかい魚介の効いた塩。麺もやわめ。青菜が優しい。キレというよりは、ふんわりと包むような味だった。ラーメン激戦区とはいうが、この辺では貴重な味だったと思う。 年をとったせいか、最近、こういうジンワリ…

したごころ厨房@東陽町のベトコンラーメン

したごころ厨房@東陽町のベトコンラーメン C。 ○心厨房の限定ブランド。名古屋の御当地ラーメン。醤油に、野菜炒めのっけ。唐辛子もあり、舌が痺れるワケではなく、口内にジンワリ熱がくる感じ。さらにニンニクの固まりが7個みつけた! 昨日のゲリラ開催。…

才谷屋@門前仲町の煮干豚骨ラーメン

才谷屋@門前仲町の煮干豚骨ラーメン C。 つけ麺の汁に、煮干スープを加えて、塩ラーメンの麺を使ったものだった。ナイス流用。替玉もした。 http://

才谷屋@門前仲町の醤油ラーメン

才谷屋@門前仲町の醤油ラーメン C。 予想通りのキレの良い醤油で、浮いた焦げネギの香ばしいアクセントも効いてる。他は塩と同じ。 才谷屋@門前仲町の塩ラーメン - ただ麺が食べたいだけなんだtsukemen0.hatenadiary.jp

才谷屋@門前仲町の濃厚つけ麺

才谷屋@門前仲町の濃厚つけ麺 C。 焼鳥居酒屋の展開するラーメン屋だが、店主は、ほん田出身ともTwitterで見た。確かに、ドロンジョ系のまたおま汁は、ほん田系っぽい。カネジンの中太麺もカタメで業界標準をクリアしてる。悪くない。

才谷屋@門前仲町の塩ラーメン

才谷屋@門前仲町の塩ラーメン C。 ほん田@東十条や、翔@西新宿などで、味わえるようなアレ系の塩。鶏のふくらみや旨味がありつつ、わざとらしすぎない良さがある。高水準。

まるむら@東陽町の博多冷麺

まるむら@東陽町の博多冷麺 D。 柑橘系のドレッシングのようなタレを、博多細麺にかけたサラダ麺。上はキャベツなど。柑橘的な酸味と麺は意外にも合うが、いかんせん麺量が少なかった。1.5玉ぐらいにはすべきだったと思う。 http://

まるむら@東陽町の長浜ラーメン

まるむら@東陽町の長浜ラーメン D。 長浜屋よりは甘くない、長浜ラーメン。豚骨臭みはなく、シャバめなのかな? 醤油は意外とハッキリ感じた。博多細麺の足が、すごく速く、カタでも後半ヤワ化。肉は薄いが、ジューシー評価○。650円。 五鐵の後に出来たラー…

あかしや@東陽町の半チャンラーメン

あかしや@東陽町の半チャンラーメン C。 昭和ノスタルジックな店。昔ながらの醤油と半チャーハンつきで600円! 平ザル麺上げの技術、開花楼の細縮れ麺、伝票を使わずとも客とメニューの記憶力など長年の匠の技に魅せられる。 っていうか都内で、この値段って…

麺や 離宮@錦糸町の薫玉つけ麺

麺や 離宮@錦糸町の薫玉つけ麺 C-。 見た目と器は六厘舎。中太ウェーブ麺も浅草開花楼。だが片栗粉的なトロみのある、淡白な味は、どうも気の抜けた感じに思えた。麺と、肉と、薫製の煙が染み付いた味玉は悪くなかった。 見た目が六に似てるだけに余計コレジ…

魚介中華そば 幸@木場のつけそば

魚介中華そば 幸@木場のつけそば D。 シャバ寄り豚骨魚介。微酸味? 化調多い。太縮れ麺250g。ゆですぎかな。汁内の具は、チャー、メンマだが、なんとレンゲ一杯に収まりそうなほど少ない!これで800円か。深夜以外では選べない。 こんな広告がカウンターに…

ひのとり@東陽町の麦白味噌らーめん

ひのとり@東陽町の麦白味噌らーめん C-。 鶏白湯でも、かなり粘度濃厚というか重め。味噌でショッカラ。要バランス求む。村上朝日の縮れ麺。850円は少し高い気がする。半分味玉なくしてもいいな。

ひのとり@東陽町のつけ麺

ひのとり@東陽町のつけ麺 D。 14時から販売。ドロ系で魚粉ブーストのつけ汁。具はキャベツ、水菜。中太スト麺がっしり。つけ汁の器が浅すぎる。食べにくい。イライラ。 水炊きラーメンと随分、方向性違うんですね。味は、魚粉に頼りすぎてる気がします。底が…

來々軒@東陽町のタンメン

サービスで、まず始めにタンメンにも乗せてた茹で野菜もらいました。うーん、餃子も肉厚ででかかったし、コレがあるなら餃子ライスで良かった。タンメンいらなかったな。

ぷん楽@木場の油そば

ぷん楽@木場の油そば C+。 ベースは甘い味噌ダレ、時折コチュジャン、ラー油などでピリ感。縮れ麺ヤワメ、よく絡む。バラ肉の脂身との相性も良い。なかでもチャンジャ大根が名脇役で、ポリポリ触感が良アクセント。半味玉ではなく、温玉希望。 食べた後で気…

大勝軒 誠@門前仲町の辛玉もりそば

大勝軒 誠@門前仲町の辛玉もりそば B。 通常もりそばに、ひきにくと辛いスパイスの練り込まれた辛玉。汁に溶かすと、ひきにくとスパイスで麻婆感覚にも陥る。 はっきり大勝軒って名前のついてる店で一番好きかも知れない。いつも夢中でたべてる。絶妙バラン…

ぷん楽@木場の肉玉つけ

ぷん楽@木場の肉玉つけ C-。 正油らーめんをつけ麺化して、麺上に豚の生姜焼きが乗ったもの。たぶん麺はラーメンと同じ。レンゲには黄身と生姜。汁も生姜焼きも甘め、パンチがないが、優しい味と見るべき。汁内の油揚げは正直いらない。 なんというかラーメ…

トナリ@木場の辛タンメン

トナリ@木場の辛タンメン C+。 麺少なめで味玉サービス。通常タンメンの野菜を辛味で再度、炒めて、ラー油をかけた辛味噌タンメン。辛さは汗が出るが、味が解らなくなる程ではない。個人的には一番良いところ。こっちの方が好み。 木場店はショウガコールな…

New Old Style 肉そば けいすけ@住吉の肉そば

New Old Style 肉そば けいすけ@住吉の肉そば C-。 半麺で味玉が無料。別注エッグライスは具なしの天津飯。黒醤油の昔の東京ラーメン風+生姜。普通の縮れ麺。肉はスジっぽく×、薄く切って面積を広げた感じ。卵がダブった。 肉そばなのに肉に魅力(ヒキ)が…

麺屋 中川會@住吉のつけ麺

麺屋 中川會@住吉のつけ麺 C。 豚骨魚介、ドロ系。オイリーでも雑味もなく、丁寧に作ったんだろうな。マイルドさは嫌味なし。汁内は、トロチャー、メンマ、少し寂しいのはノーマルだから? 開花楼の太スト麺、結構カタくて苦手タイプ。 スープ割もできますが…