ただ麺が食べたいだけなんだ

つけ麺を愛する男の各メニュー感想

B

MENSHO@護国寺の挽きたて小麦つけめん

MENSHO@護国寺の挽きたて小麦つけめん B。

ラーメン二郎@めじろ台店の小つけ麺

ラーメン二郎@めじろ台店の小つけ麺 B。

中華蕎麦 時雨@伊勢佐木長者町の特製ホロホロ南蛮 雉つけ蕎麦

中華蕎麦 時雨@伊勢佐木長者町の特製ホロホロ南蛮 雉つけ蕎麦 B。

Sagamihara 欅(けやき)@小田急相模原の特醤油

Sagamihara 欅(けやき)@小田急相模原の特醤油 B。

麺や いかり@鶴間の魚介醤油ラーメン

麺や いかり@鶴間の魚介醤油ラーメン B。

替玉千里眼@志木のスペシャル麻辣担々つけ麺

替玉千里眼@志木のスペシャル麻辣担々つけ麺 B。

零壱弐三(すうじ)@東海神の濃厚煮干し蕎麦

零壱弐三(すうじ)@東海神の濃厚煮干し蕎麦 B。

麺匠きくち@住吉のチャーシューワンタン麺

麺匠きくち@住吉のチャーシューワンタン麺 B。

麺や佐市@錦糸町の牡蠣つけ麺

麺や佐市@錦糸町の牡蠣つけ麺 B。

なな蓮@三越前の支那つけそば

なな蓮@三越前の支那つけそば B。

屋台らーめん 鷹流@高田馬場の鶏塩レタスつけ麺

屋台らーめん 鷹流@高田馬場の鶏塩レタスつけ麺 B。

中華そば こむぎ@越谷の醤油中華そば

中華そば こむぎ@越谷の醤油中華そば B

さんじ@稲荷町の濃厚煮干し

さんじ@稲荷町の濃厚煮干し B

かじろうramen7@都賀(千葉)のつけ麺(豚つき)

かじろうramen7@都賀(千葉)のつけ麺(豚つき) B。

春木屋@吉祥寺のつけめん

春木屋@吉祥寺のつけめん B

Homemade Ramen 麦苗@大森海岸の特製醤油らぁめん

Homemade Ramen 麦苗@大森海岸の特製醤油らぁめん B

麺屋 扇@西大宮の塩らーめん(味玉入り)

麺屋 扇@西大宮の塩らーめん(味玉入り) B。

貝ガラ屋@淵野辺の濃厚牡蠣つけ麺

貝ガラ屋@淵野辺の濃厚牡蠣つけ麺 B。

旨辛タンメン 荒木屋@蒲田のつけ五目味噌タンメン

旨辛タンメン 荒木屋@蒲田のつけ五目味噌タンメン B。

麺や庄の 〜gotsubo〜@新宿御苑前の塩らーめん

麺や庄の 〜gotsubo〜@新宿御苑前の塩らーめん B。

麺や庄の 〜gotsubo〜@新宿御苑前のチョコブラック2017

麺や庄の 〜gotsubo〜@新宿御苑前のチョコブラック2017 B。

竹末東京@押上の味玉醤油そば

竹末東京@押上の味玉醤油そば B。

味噌中華そば ムタヒロ@西国分寺のミソソ特製味噌つけそば

味噌中華そば ムタヒロ@西国分寺のミソソ特製味噌つけそば B。 ムタヒロの味噌専門店。国分寺エリアは、ムタヒロの天下といってもいいと思ってるんだけど、ここもすごい好きな店になった。 汁は背脂がちょっと浮かんでるけど、基本的に少し甘めサッパリの味…

五丁目煮干し@中野の濃厚煮干しつけめん

五丁目煮干し@中野の濃厚煮干しつけめん B。 味玉別注。純粋な煮干しオンリーというわけではなく、厳密には豚骨とのハイブリッドだから「豚骨魚介」ならぬ「豚骨煮干」といえばいいのかな。 とはいっても、この手の味は蕾@大宮の分店といい、宮元@蒲田といい…

麺屋 悠@大久保のつけそば

麺屋 悠@大久保のつけそば B。 既存のラーメンの材料をもとに、つけ麺風に改良しただけだろとたかをくくっていたが、これはいいアレンジ! ラーメンはスープの旨さをいかしたもので、あっちもよかったが、こっちは甘辛を前に、酸味を控えみに残して、最後に…

麺屋はやしまる@高円寺のミックスワンタンつけめん

麺屋はやしまる@高円寺のミックスワンタンつけめん B。 麺屋 悠@大久保が結構気に入ったので、昔いたという店を訪問。こちらも「かづ屋」系。 メニュー左上がつけ麺系だったので注文。え? かづ屋ならラーメンじゃないの? あの店のつけ麺って薄いんじゃね?…

らーめん かねかつ@川口のらーめん

らーめん かねかつ@川口のらーめん B。 来た瞬間4人待ち。なかなか列が進まない理由は中に入って解ったが、なんと注文を受けてから、こねて製麺を始めた。そこからやってるのか。。。 でもそのせいか麺はすごく旨い。 スープも醤油のエッジが立ちつつ、鶏油…

アルス南青山@乃木坂のアルス煮干しらぁめん

アルス南青山@乃木坂のアルス煮干しらぁめん B。 楽観@立川の別業態店といったところらしい。「自然おだし」をテーマにした創作料理とワインの店。 真っ黒な見た目に反して、苦味と甘味が同居しており、サラッとしてスープは飲みやすく、それとからむ細スト…

らーめん桜花@新宿御苑の御膳らーめん(小)

らーめん桜花@新宿御苑の御膳らーめん(小) B。 神奈川淡麗的な流れも汲み取れる鯛だし醤油。繊細かつ出汁もしっかり効いてるバランスは見事。エスプーマを使って味変を楽しめる点もいい。少し高いが、この構成なら仕方なし。かなり満足した。 へぇ。。。神…

らぁめん鴇(とき)@藤沢の生姜中華

らぁめん鴇(とき)@藤沢の生姜中華 B。 麺や維新出身。少し濃いめの醤油と生姜が、アツめのスープで混然一体となってる。青島食堂とノリは同じだけど、こっちは繊細さがあるような。ちょっと太めの縮れも具合がいい。スープいつまでも飲んでたい。